Gメン75

佐藤純彌氏、亡くなる

映画監督の佐藤純彌氏が亡くなった。 私はこのブログで数回、Gメン75の記事を書いている関係で、存命の関係者がどれくらいいるか、気になっていた。 プロデューサーの近藤照男氏、深作欣二氏、監督の鷹森立一氏、脚本の高久進氏、池田雄一氏も物故し...
漫画論

ギャグ漫画家・鳥山明を潰したドラゴンボール

ドラゴンボールと言えば、今やアラフィフ以下の年代で知らない人はほぼいないほど未だに根強いスーパー人気を誇っている漫画作品である。   一般的にドラゴンボールといえば、どんなキャラを思い浮かべますか?と質問したら、「ベジータ」「フリーザ」...
Gメン75

Gメン75 草野刑事こと倉田保昭について語ろう

Gメン75において、草野刑事こと倉田保昭の役割は重要だった。 主役でありながら9割室内のシーンで「行ってこい!」だけの命令しかなかった黒木哲也警視役の丹波哲郎と違い、とにかく走って飛んで殴って蹴るという大活劇を繰り広げた日本屈指のアクショ...
Gメン75

Gメン75は当初半年で終了予定だった!

先月、youtube動画「Gメン75同窓会」をアップした。 これは22年前にVHSで録画したものだ。 正直、こういった再放送もされないまま、半永久的に誰の目にも触れない番組は無数にあるだろう。 特にGメンは特集が少ない。 あの7...
昭和懐古

昭和の刑事ドラマ

昭和のテレビは刑事ドラマ全盛期であった。 特に昭和40年代後半から50年代前半、つまり1970年代は刑事ドラマが乱立していた時代であった。 ヒット作だけ挙げてみても、「太陽にほえろ!」「Gメン75」「特捜最前線」「夜明けの刑事」など...
昭和懐古

「人間なんて」 吉田拓郎何年振りに歌ったか!?

先日、吉田拓郎のラジオ番組「ラジオでナイト」内で拓郎が歌ったこの伝説の歌。 この歌は拓郎がマイナーな新人フォークシンガーから、一気に「フォークのプリンス」に躍り出た伝説の曲である。 1971年8月。アメリカのウッドストックの影響で産...
ロスジェネ世代の叫び

「鬼は外!」にはなかなか行かない。鬼は自分自身の中にいるのだ

昨日は節分だった。 もう何十年豆まきなんてしてないんだろう。 私の家族がまだみんな一緒に仲良く?暮らしていた昭和のあの頃だったから30年以上前にはなろう。 あの頃はまさか自分の人生がこんなになるなんて夢にも思わなかった。 鬼はま...

北海道車中泊旅の魅力

日本で一番人気がある旅行先は北海道である。 クルマで直接行けない離島・そして気候的な意味で沖縄と対極にある感がある北海道だが、面積が違い過ぎる。 北海道の面積は本島だけでいうと九州の二倍近くあるのだ。 地図だけの感覚だとそこまで大...

旅で宿泊費を節約する方法

旅行というと、長くても3泊4日という人が多い。 それはやはり時間(休み)と経済的理由が殆どだ。 普通の宿泊施設に泊まるとなると、素泊まりでも5,000円以上はみておかなければならない。 最近流行りのネットカフェでも2,000円から...

キャンピングカーで旅しながら仕事するのが夢

私は車中泊旅が好きだ。 かれこれ25年のキャリアになるが、その割にスキルがさっぱり向上していない。 車中泊の達人なんか見てると、軽自動車の荷台に手作りの小屋を載せて自作キャンピングカーにしてる猛者とかいる。 私は手先が不器用な上、...